専門家に依頼する

実際に、保証人が支払いをしたという場合、あとあと、債務者にお金を返してもらうことが出来ます。しかし、実際に債権回収出来なかったのは、債務者にお金がないからであり、保証人も、債務者からお金を返してもらえると期待すること自体愚かなことかもしれません。実際に、いろいろな問題が起こり、保証人が、支払い出来ないから破産しなければならない事態も起こっています。

金銭賃借において、金額が大きくなれば、債務者の財産に抵当権を設定するのが一般的です。それが、強制執行や競売によって債権回収しやすい方法として考えることが出来ます。

更に、質権の設定、譲渡担保、代物弁済予約などいろいろな方法について考えることが出来ます。実際に、債権回収のいろいろなトラブルが起こっているようです。貸した、借りたという問題は、人間の感情も中に入り込み、なかなか上手く行かないものです。

感情が交錯して、なかなか解決に至らないという場合も頻繁に起こります。そのような場合、どうすれば良いかという問題について考えてみましょう。

やっぱり、専門家に相談するべきではないでしょうか。債権回収のトラブルを解消してくれる専門家とは、貸した相手が逃げてしまった場合の調査からはじまり、法的手続まで金銭トラブルの解決に全力で取り組みまでしてくれる人たちのことです。

参考サイト・・・アディーレ法律事務所:弁護士による債権回収

債権回収出来ない

民事訴訟を起こして判決をもらうことで、判決書(債務名義)によって、強制執行する方法も有効的ですが、債務者に財産がないという場合、強制執行に大きな意味がある訳ではありません。

更に、強制執行の申立による債権の回収があります。強制執行の申立による債権の回収は、訴訟によって、判決書、または強制執行認諾約款のある公正証書で、債務者の財産に強制執行ができます。しかし、この時も、債務者に資産というものが存在しない限り、強制執行をしても、ただ費用倒れということになってしまうのではないでしょうか。

実際に、相手がサラリーマンという場合、給料の差し押さえという方法もありますが、給料差し押さえと言っても全額を差し押さえることなど到底出来ないのです。

更に、保証人への請求による債権の回収という方法があります。債権回収をして、債務者が支払いしないという場合、保証契約があれば、債権回収は保証人に対して行うことが出来ます。しかし、保証人だって、支払い出来ないというトラブルを、債権回収では抱える可能性があります。

保証人が支払い出来ない場合、債務整理という方法しか遺された道はないのでしょうか。更にいろいろなトラブル・問題を考える必要があります。

債権回収のトラブル

自身で債権回収のという場合、多々トラブルが起こるようです。業者が、債権を回収出来る方法として、いろいろな方法を考えることが出来ます。手紙、電話、電報、訪問などがそれです。しかし、業者が好き勝手に 督促行為が出来る訳ではありません。

以前、貸金業法が出来る前では、深夜に、取り立てをしたり、電話をかけたり、大声をあげるなどの迷惑行為が頻繁に起こっていました。しかし、現在では、貸金業法が成立して、そのような督促行為はすべてNGです。更に、法改正によって、業者が簡単には、督促行為が出来ない環境がより整うことになります。

支払いの正しい督促は、債権者が債務者に対し、住所地を管轄する簡易裁判所書記官に支払督促の申立書を提出して行うことになります。そうすれば、裁判所が債務者に対して支払督促を出してくれることになります。債務者から異議が出なければ、仮執行の宣言をつけてもらうことが出来、強制執行が成立することになります。

支払い督促行為は、いわば、事務的な簡単に出来る手続きと考えることが出来ます。しかし、ここで、債務者が異議の申し立てをするケースも考えることが出来ます。そのとき、自動的に訴訟へと移行しなければなりません。当然、債務者に異議があると思えば、異議の申し立てはされるべきです。

訴訟による債権の回収の場合では、民事訴訟を起こし、判決書によって強制執行する方法です。債務者に、財産が残されているときに効果的な方法です。更に続けます。