債権回収出来ない

民事訴訟を起こして判決をもらうことで、判決書(債務名義)によって、強制執行する方法も有効的ですが、債務者に財産がないという場合、強制執行に大きな意味がある訳ではありません。

更に、強制執行の申立による債権の回収があります。強制執行の申立による債権の回収は、訴訟によって、判決書、または強制執行認諾約款のある公正証書で、債務者の財産に強制執行ができます。しかし、この時も、債務者に資産というものが存在しない限り、強制執行をしても、ただ費用倒れということになってしまうのではないでしょうか。

実際に、相手がサラリーマンという場合、給料の差し押さえという方法もありますが、給料差し押さえと言っても全額を差し押さえることなど到底出来ないのです。

更に、保証人への請求による債権の回収という方法があります。債権回収をして、債務者が支払いしないという場合、保証契約があれば、債権回収は保証人に対して行うことが出来ます。しかし、保証人だって、支払い出来ないというトラブルを、債権回収では抱える可能性があります。

保証人が支払い出来ない場合、債務整理という方法しか遺された道はないのでしょうか。更にいろいろなトラブル・問題を考える必要があります。