債権回収のトラブル

自身で債権回収のという場合、多々トラブルが起こるようです。業者が、債権を回収出来る方法として、いろいろな方法を考えることが出来ます。手紙、電話、電報、訪問などがそれです。しかし、業者が好き勝手に 督促行為が出来る訳ではありません。

以前、貸金業法が出来る前では、深夜に、取り立てをしたり、電話をかけたり、大声をあげるなどの迷惑行為が頻繁に起こっていました。しかし、現在では、貸金業法が成立して、そのような督促行為はすべてNGです。更に、法改正によって、業者が簡単には、督促行為が出来ない環境がより整うことになります。

支払いの正しい督促は、債権者が債務者に対し、住所地を管轄する簡易裁判所書記官に支払督促の申立書を提出して行うことになります。そうすれば、裁判所が債務者に対して支払督促を出してくれることになります。債務者から異議が出なければ、仮執行の宣言をつけてもらうことが出来、強制執行が成立することになります。

支払い督促行為は、いわば、事務的な簡単に出来る手続きと考えることが出来ます。しかし、ここで、債務者が異議の申し立てをするケースも考えることが出来ます。そのとき、自動的に訴訟へと移行しなければなりません。当然、債務者に異議があると思えば、異議の申し立てはされるべきです。

訴訟による債権の回収の場合では、民事訴訟を起こし、判決書によって強制執行する方法です。債務者に、財産が残されているときに効果的な方法です。更に続けます。